住宅

屋上は防水しておこう|プロに依頼するとすぐに解決

雨水対策に行うべき工事

傘と家の紙

費用の相場をまずは知る

防水工事は、雨水などを建物の内部に侵入を防ぐために行われる工事で、建物を長く維持するためには必ず必要です。大阪でも重要な工事なので、一般住宅はもちろん、アパートやマンションや店舗、工場などで防水工事が行われています。この防水工事にかかる費用は業者によって幅があるため、ほとんどの方は不安になりがちです。そこで、大阪においての防水工事にかかる相場を把握しておくことで、安心して業者を決めることができるでしょう。ここでは、一般的な屋上の防水について例をあげてみたいと思います。また、約50平方メートル(15坪)での平均相場はいくらなのかを取り上げてみます。まず、防水工事には、大阪でもアスファルト防水とFRP防水など様々な種類があります。他にも、シート防水やウレタン防水などがあります。これらの種類はそれぞれ価格に違いがあるのが特徴です。アスファルト防水では、合成繊維不織布や有機繊維原紙などにアスファルトを加工したシートとなっています。この防水工事における防水性はトップクラスでありながら平均では28万円から40万円です。対してFRP防水は、繊維強化プラスチックを使うことで強度と耐久性に優れており、費用相場は23万円から35万円ほどなのが特徴です。そして、シート防水では、塩化ビニル系のシートやゴムシートなどがあり、施工時間も短く料金もお手頃の15万円から高めの40万円までシートによって違いがあります。ウレタン防水では、ウレタン樹脂という液体を塗りつけて硬化させる工法で、安価で利用できるほか、平らな場所に適しているのが利点です。費用でも15万円から30万円ほどでできるため、一般住宅やアパートなどで多く利用されています。このような費用が平均的にかかるので、大阪で防水工事を依頼するときには、資金もしっかり準備して業者に依頼をしましょう。